気にしないふり女の子

これから書くのは敗北の話である。

さて、バレンタインデーですね。私は今日バレンタインが原因でめっちゃ腹が痛くなったのだ。理由は簡単、昨秋転職した職場で、自分以外の女性社員がみなチョコレートを持ってきていたからである。
このことに気が付いた瞬間、割とマジで手が汗でじっとりした。10名程度のこぢんまりした職場で、ボス(男性)のデスクにチョコレートの包みが複数個置いてあるのだ。外出から戻ったボスがひとつひとつを手に取りながら、これは誰々さん?ありがとねー!なんて言っていくのだ。そして女性社員もそこに寄っていって、へー誰々さんのかわいいですねー、なんて言うのだ。その空気。空気たるや。いたたまれなさたるや。今これ書いててまた手がじっとりしてきた。
ここでいくつか言い訳をしたい。まず、私もはてな村民の端くれ、虚礼廃止は諸手をプチャヘンザして受け入れるタイプである。次に、過去の職場ではどこもチョコ贈呈文化がなかった。しかも前職なんてね、女性しかいない職場でね、まあ日常的にお茶菓子を持ってきたりはあったけどね、バレンタインなんてね、もうほら、忘却の彼方っていうか。思い返してみると、プライベートでもここ10年ぐらいバレンタイン的なことをしていない。それぐらい縁遠い。
そうすると私の中のリトルはてな村民がやってきて指摘をしていくのである。転職先の企業文化を確かめるのなんて当然のことだと思ってたわ。クソみたいな文化だとは思うけど、まあ、社会人だしねえ。下手こいたね。事前にいくらでも聞く機会があったのに確認しなかったなら自業自得じゃん。そもそも今日一日過ごしていて、ボスの机の上に載せられたチョコに気づかなかったのはなんで?普通気がつきますよね?気づいていたら休み時間にでも買いに行けばよかったのでは?うるせえ非表示にすんぞ。というかこれはてな村民じゃないな、どっちかというと小町だ。
言い訳とセルフ論破はどうあれ、私がまさにこのバレンタインデー当日にチョコレートを持参しなかった人間であることは間違いない。そして悲しいことに、その事実に気が付いた時にはすでに18時を回っていた。

フィジカルな腹痛と戦っていたら職場でバレンタインイベント(女性社員からのチョコ配布)が開催され、事前情報を入れておらず一切何も用意してなかったわたくしにメンタルな腹痛がやってきた


by tamilele 2018/02/14 18:24:57 from TOUCH
http://h.hatena.ne.jp/tamilele/83459064177923024

わたくし以外の全女性社員が上長のデスクをチョコを置いていたこの事実、うーんお腹痛い


by tamilele 2018/02/14 18:26:24 from TOUCH
http://h.hatena.ne.jp/tamilele/227134447624781717
*1

ちなみに上で書いているように、私は本日ずっとお腹が痛かった。しかしそれとチョコを持参しなかったこととはまったく関係のない話である。
メンタル腹痛に苦しみながら、私は財布をつかんで職場を飛び出した*2。あまりのいたたまれなさに、今からでもチョコを買えば間に合うかもしれない、というわけのわからない衝動に支配されていたが、今思うと本当にわけがわからない。何に間に合うんだよ。
職場近くのコンビニに飛び込むと、レジ前にバレンタインチョコの特設コーナーがあった。そこに並んでいたのは半額シールの貼られたチョコで、それを見た瞬間に憑き物が落ちたようになり、そして、何にかはわからないが負けたな、と思った。半額シールに「もういいんだよ、その気持ちだけで充分だよ」と慰められたような気がした。たぶん気のせいだった。


(過去のらくがきにちょうどいい絵があった)


あたたかいほうじ茶だけ買って職場に戻るとすでにバレンタインイベントは終了しており、みな粛々と仕事をしていた。私もそしらぬ顔で席に戻った。しかしなんともいえない敗北感は残業中も帰宅中もくすぶり続け、今こんな泣き言を延々と書いているというわけである。
けっきょくのところ、この事態は「事前のリサーチの甘さ」「当日イベント発生に気がつかない注意力のなさ」そして何より「あげないならあげないで別に堂々としていればいいのにそれすらできない*3クソメンタル」と、何もかも自分のアレさが呼び込んだわけで、完封負けである。ラブカスを捕まえてる場合じゃなかった。つらい。次に繋がる負けにすべく、この先は「桜の時期に花見してみんなでデリとか持ち寄ったりしないか」「夏にBBQとかやらないか」あたりをしっかり見極めて、慎重にオフィスライフを送っていきたい。つらい。

*1:何度でも言うがツイートが埋め込めるのになんで自社サービスのハイクを埋め込めないんだよはてなブログ

*2:上記ハイクはエレベーターを待っているときに投稿したものである

*3:しかもこの通りド引きずる

今日までそして明日から

まただわ。またやらかしたわ。
毎年思うんです、でも毎年やらかすの。年賀状。いつもぎりぎりで用意するからコンビニで年賀はがき買って、手書きの時は書き損じ、印刷の時でも何かしらミスプリして、忸怩たる思いを抱えながら集配局に差し出しに行って気がつくお年玉つき年賀切手の存在。

あーーーー。って。
これ使えばやっすいはがき用紙で何枚ミスっても大丈夫だったじゃーーーん。って。毎年毎年。

来年こそは年賀切手を買う。忘れない。でもたぶんほぼ間違いなく忘れる。なのでこうしてブログに書き残しておこう。そしたらはてな社さんから「1年前のブログを振り返りませんか?」ってメールが来るから。きょう2017年12月31日に去年の振り返りメール来てるけどな。それが大晦日に来たら意味ないけどな。

それでは義実家の食事の席に戻ります。アスタマニャーナアディオス、よいお年を。


今週のお題「2018年の抱負」

恋の終わりはいつもいつも立ち去る者だけが美しい

もうすぐ退職する。円満退職だと思う。たぶん。こっちサイドはそう思っている。社会人になって二度目の退職であるが、しかしまあ、なんで辞める直前になると職場ってもんはいいところに見えるんだろうな。そしてそんないいところを踏みつけにして去っていく自分が極悪人に思える。たぶん、自分が「辞めたるぞ」と宣言することで、居ながらにして職場が過去のものになるからなんだろうけど。生きてるのに没後というか。生前葬というか。故人の悪口は言えないというか。自分にとっては職場が故人であり、一方で職場の同僚諸氏からすると自分が故人みたいなもんだなとか考えて、家族を遺していく故人みたいな気分でおセンチになるとか完全にハタ迷惑だしキッモォ…。冷静に考えると自分が「辞めたるぞ」と思った理由(複数)は何ひとつ解決されないまま残ってるし、自分がいなくなっても職場は回るだろうし、そんなに美化して罪悪感を感じることもないんだよな、とは思うがしかし。まあ呪詛を吐きながら引き継ぎの準備するのはつらそうだから、ある種の防衛機構かもしれない。というわけでよき職場のよき同僚各位に少しでも迷惑を掛けないよう、せっせと引き継ぎ準備をしているのであるよ。ごめんね各位。

おくすり出しておきますね

きのうは休みだったので、一日フォントつくって遊んでた*1


f:id:tamilele:20170902200333p:plain
バルデスおじさんだいすき(いつもごめんな)(がんばれ)


この「バルデス」の部分のフォント。仮に「おくすりゴシック」と名付けた。
知人が医療用医薬品のパッケージ()で使っているようなフォントを探しており、そのときの会話ではまあオリジナルでしょうな、という結論に達したんだが、カタカナだけなら作れるんじゃないか?と思ってやってみた。なんも調べずにイラレで作れそうじゃねって作業を始めて後半死んだ。事前調査はだいじ。

最終的にはこちらの体験版のお力を借りた。他のフォントエディタを知らないので比較はできんが、はじめてでも使いやすかったです。

そんでできたのがこれ。

f:id:tamilele:20170902202556p:plain

それなりにそれっぽく仕上がったのでは。
ただしMS Office系のソフトでは日本語フォントとして認識されないので使えず。Adobeはいけた。字詰めをかなり詰めた方が雰囲気が出る。

現在はカタカナと多少の記号のみ対応だが、デイリーポータルごっこもある程度はできるはず。
portal.nifty.com
TTFファイルへのリンクを置こうかと思ったが、他人様の環境で動くか保証できないんでやめときます。もしご希望のかたがいたらハイクなりなんなりでお知らせください。ただし自己責任でよろしくお願いいたすわね。



ちょっと純喫茶みもある
f:id:tamilele:20170903001633p:plain
(私は「ベッテル」表記のほうが馴染みがあります)

*1:その後gifアニメをつくって先の記事のこまった事態に陥った

Photoshopで作ったGIFアニメをはてなのプロフィール画像にするとパカパカしてしまう問題(未解決)

タイトルまんまです。

【パカパカ】 (副)名古屋弁で「(照明等が)点滅する」の意。筆者の周囲ではこれを共通語だと思っていた名古屋人が非常に多い。「信号が—しとる」「玄関の蛍光灯が—しとるで替えなかん」


さて、私の最近の趣味のひとつに、「交流のあるはてなユーザプロフィール画像(アイコン)を勝手に作り、採用されるかどうかワクワクしながら待つ」という極めて非生産的な遊びがある。

※活動の一部↓
めざせアイコン - はてなハイク

基本的には静止画像だが、たまにgifアニメに挑戦することもある。gifアニメを作るのにはPhotoshop(CS6)を使っているが、これがどうも上手くいかない。
はてなフォトライフに上げるところまでは何の問題もない。ハイクやブログでもきちんと表示される*1

f:id:tamilele:20170902135039g:plain
YAKISABA mix ... - めざせアイコン - tamilele - はてなハイク

これをプロフィール画像にすると、ドーン

f:id:tamilele:20170902184156g:plain


こんな風になってしまう*2。前衛作品か。


上記のGIFで言うと目や口元がアップになっていることから、どうも直前のフレームとの差分だけ表示されるっぽい。
f:id:tamilele:20170902190221p:plain
これはPsで作ったgifをGimpで開いてみたところだが、右側のレイヤー一覧を見ると、変更した範囲だけ分割・出力されている?様子がうかがえる。そんならってんでPsに立ち戻り、各フレームごとにレイヤーを結合して再度出力するもダメ。
自分の作り方がよろしくないのか? と思って、試しにAdobeのサポートにあったgifをプロフィール画像にしてみると、

f:id:tamilele:20170902191249g:plain

やっぱり激烈パカパカすんじゃねーか!Adobe公式様の作ったgifでこうならもう仕様だな!な!*3


諦めてとった対応としては、

  1. Psでつくったgifを開き直してmp4形式で保存する
  2. 動画をgifアニメにしてくれるサービスで変換する*4。今回はこちらを使用↓

giraf.harusamex.com
という、なんというか非常に回りくどいものになった。つらい。
たしか前のときはフレーム1枚1枚をpngに書き出して、やはりなにがしかのWEBサービスを利用してgif化したはず。つらい。

けっきょく根本の解決にはなってねぇなーということでとても悲しい。とはいえPsは自己流で詳しくもないので、なにかシンプルな解決をご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご教授ください。

*1:前々から思っているがTwitterは埋め込みできるのに同じはてな内のサービスであるハイクが埋め込みできないの、ハイクのいらない子っぷりを表わしていてマジ不憫

*2:使用したgifキャプチャソフトのフレームレートが4コマ/秒だったんで多少マイルドになっているが、実際はもっと激しい動きで怖いことこの上ない

*3:Adobeさんサイドかはてなさんサイドかはわからんが

*4:一縷の望みをかけてPsで再保存してみたが、なんというかジワァァ……ッと滲み出すような、これはこれで気持ち悪いムーブをするgifが生まれた

覚え

スモークタンをこよなく愛する民草として、スモークタンを美味く食える雑レシピを書き残しておこう。

(ストーカーじみたスモークタン愛を表明した過去記事)
shigarami.hatenablog.jp

スモークタンのタマネギマリネ

材料

  • お好きなコンビニのスモークタン 1パック*1
  • ミツカンカンタン酢」などの調味酢 大さじ3
  • 新タマネギ 小1個
  • 黒コショウ 適量

作り方

  1. タマネギを薄くスライスして調味酢と和える
  2. 1.がしんなりしたらスモークタンを加えてさらに混ぜる
  3. しばらく置いて味がなじんだら好きなだけ黒コショウをひいて出来上がり


マジでレシピと言えるほどのもんじゃねえ。

某スーパーで「タンとタマネギのレモン風マリネ」とかそんな感じのお惣菜を見かけて、イメージだけで適当に作ってみたらいけるやん!となった次第。
タマネギの甘みがスモークタンと合わさって酒が捗る。

スモークタンにはたまに妙に分厚い個体が混じっているので、余力があればタマネギと上手く混ざるようそぎ切りにしてやるとよいだろう。
油分が足りなければチョロっとオリーブオイルでも垂らすとよいのではないか。
あと新タマがあったからそれで作ったけど、普通のタマネギなら水にさらすとかした方がいい。
おうちに調味酢がない人は「調味酢 代用」とかでググればたぶんなんとかなる。

f:id:tamilele:20170610230550j:plain
酒が捗る。

*1:ローソンのは2パック

広告を非表示にする

ハートカクテイ

去年の
shigarami.hatenablog.jp

おととしの
shigarami.hatenablog.jp

そうです、確定申告の季節です。今年は過去最速でサクッと終わりましたヤッター。イラスト描いてた時間のほうが長い。しかもハートカクテルちゃんと読んだことない。わたせせいぞう先生には実にもうしわけない。
コツは「前年度の流用は最低限にとどめ1からやる*1」「ソフトや電子証明書も一度すべて削除して改めてダウンロードする」でした。学んだ。
しかしはてな社様には恐縮ながら、これまで「1年以上の長きにわたってブログを継続いただいているユーザー様を対象に、 過去の同じ時期に投稿した記事を振り返るメールをお送りします。」ってサービス完全に「???」だったんですが、確定申告の存在と過去の失敗事例と心構えを思い出すことができたので助かりましたありがとうございました。その割に取り組むのが遅い。

参考文献

中川ホメオパシー先生「アワビカクテル」 http://nakagawaho.yomibitoshirazu.com/manga/awabi/index300.html

*1:流用できるのは申請書作成データぐらいか

広告を非表示にする