無職日記~映画「パラサイト 半地下の家族」をみたよ篇~

f:id:tamilele:20200123123210p:plain

伊集院光とらじおと」のプレゼンコーナーで桐畑トールさんがおすすめしていたのに興味を持って鑑賞。桐畑くん*1曰く「とにかくなるべく事前に情報を入れないで観に行ってほしい!なんならあらすじすら知らずに観た方が絶対面白い!」ということだったので、愛読しているブログの更新*2も読まないようにして映画館に向かった。映画めったに観ないマン*3なんですが面白かった~。平日昼間の回だったけど、レディースデイだったこともあってお客さんはかなり入ってた印象。以下で内容に若干触れます。



www.parasite-mv.jp
(なぜかめちゃくちゃ重い、どうした)



半地下の家に住み、かなりの貧乏生活を送っているキムさん一家の息子が、友人から家庭教師の代打を頼まれる。これがIT社長んちのご令嬢(JK)相手で、キムさんちの人々はこれをきっかけにして、社長の家にじりじり浸食していく…そして…というお話。私はこう、「何事かが上手く行ったけど、尺からするとこの後でしっぺ返しが来るであろうことが予想でき、その状況で登場人物がめちゃくちゃ調子に乗っている」というシーンがすごく苦手で*4直視できなくなってしまう。この映画で言うと、社長一家がキャンプに出掛けた後の酒盛りシーン。あっこれ絶対バレる、ていうか雨すごいし絶対帰ってくる、あっダメ、飲むにしてももう少し慎ましくしておかないと…と気が気じゃなかった。観た方にはお分かりの通り、実際はその後に超展開が来てすべてが吹っ飛ぶんだけど。そこからずっと口開いてた気がする。
登場人物の中で一番好きなのがキムさんちの娘*5。あの子は最初から最後までずっとリアリストだった。酒盛りのシーンでも、やれ息子が「社長の娘と結婚する」だの母が「この家がうちのものになる」だの浮かれて、この家が俺たちのものになったらどの部屋に住みたいかと聞かれても、「手に入ってから考える」とか地に足がついたことを言っていた(はず)。クライマックス、リスペクトおじさんに刺された後も、必死に止血しようとする両親に「強く押さえると痛い」とだけ言う。「私…死ぬの…?」みたいなことは言わないし、人生への恨み言も「クソ」の一言だけ。息子(長子)は貧乏な中でも4回受験(&失敗)しているが、娘は美大受験すらできない*6。そういう背景を含めて、最初から最後までどこか諦めた表情をしていたのがとてもよかった。豪雨で半地下の家が浸水したときも、汚水の噴き出す便座の蓋を叩き閉め、どっかと座って一服していたのが最高にクールだった。

f:id:tamilele:20200123182024p:plain


他にもお父ちゃんの無計画論とか、「におい」がそのまま刻印になってしまうこととか、いろいろと感ずるところがありました。面白かったなー。なお、いちおうジャンルとしては(ブラック)コメディになるようだが、一番笑ったのは元家政婦さんの親北ギャグ。(韓国でもそういう扱いなんだ!)っていう。




ところで「らじおと」の同じ回でプレゼンされていて、その後ディレクターさんがゲストにも来た映画「さよならテレビ」をものすごく観たいんだけど当県には来ねえんだよなー!!!!!2時間かけて他県行かないと観られないんだよなー!!!!なー!!!!!!
sayonara-tv.jp

*1:学生時代に馬鹿力を聴いてた身としては当時の感じで「桐畑くん」と呼びたくなってしまうが、先日の放送で現在47歳と知ってぶったまげた。そりゃそうか…

*2:地べたより下の世界から ポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』を観る - 関内関外日記

*3:年に1、2本程度

*4:ちょっと前に盛り上がっていた共感性羞恥の一種なのかもしれない

*5:字幕では「ギジョン」という名前だったように記憶しているが、公式サイトが落ちてるので確認できない

*6:貧乏一家の中でも扱いに差がありそうなのがなんとも闇

拙者の明日はなんだい

anond.hatelabo.jp

タイトルを見て、すわ「それがしとご同類にござるか!」と浮き立ったものの、いざ読んでみたところそれがしよりずっと立派な御仁でござった。それがし、転職から逃げたツケで首が回らなくなった、一介の無職にござる。宜しくお頼み申す。なにゆえ斯様な文体かと申すと、ガチで書くと結構心がつらいからにござる。


それがしは30代半ば、地方都市に暮らす無職にござる。生国は江戸の近傍にて、大学卒業後に江戸の会社に新卒で入り申したが、今思い返すにこの時点で道を誤ってござった。それがしの選んだ職は基本的に江戸に集中しており、あとは大都市ならボチボチあるかな~という布陣にござって、かつ、潰しのきかない、割とヤベー職種にござった。そこでしばし働いたのち、御屋形様*1に召し抱えられ、某国へ国替え*2となった。ここで初めての転職活動を行ったのでござる*3。国替え先は日本三大都市のひとつであり、大都市でござった。また、景気もすこぶる良く、求人も数多くござった。がしかし、それがし、なかなか仕事が決まらなかったのでござる。
前述の通り、それがしの職は潰しのきかない職にござった。御屋形様にはこの先も国替えの可能性がござるゆえ、それがしもこの時点で潰しのきく職種や業界にいざいざジョブチェンジと意気込んでござった。しかし、その時点で三十路に足が届かんとする、未経験のそれがしを採用してくれる会社はなかなかござらんかった。それがしが採用担当者でもそうする。半年は粘ったであろうか、職業訓練校でも通おうかと思い始めた頃、かつてと同じ業界で多少職種は異なるものの、アルバイトの募集があったのでござる。



それがしの居た業界はなんと申すか、「やりがい搾取」と言われる一方で「憧れの仕事」とも言われちゃったりするような、そういうところでござった。新卒で入った会社は完全なる中小企業で懐もベリーベリーコールドでござったが、それでも時々憧れちゃった学生のOB訪問を受けたりしたものでござる。それがしは全く優れた仕事人ではござらんかったし、その業界にどうしても居続けたいという欲もござらんかった。しかしこの求人を見たときに、まこと恥をしのんで申せば、それがしの中に「手堅い職よりもパッと見スゴイっぽい仕事*4を続けたい」というスケベ心がムクムクと湧き上がったのでござる。むろん、未経験の業界より同業他社の方が楽に決まるんじゃないかな~という期待もあり申した。当時は連敗続きで疲れてござった。
結局、誘惑に負けたそれがしはこの求人に応募し申した。有難きことに無事採用されそこで数年働いたのち、また同業界の、今度は派遣の仕事を見つけてそちらに移り、結局ジョブチェンジは果たせなかったのでござる。その矢先、御屋形様に次なる国替えの命が下り申した。次の配置先は、日本のだいぶ端のほうの中核都市にござった。それがし、次の職探しには苦労するであろうと覚悟し申した。



ところが意外にも、新しき国にて、職はすんなりと見つかったのでござる。またしても同業界で、むろん正規の職ではござらんかったが、次にいつまた御屋形様の国替えがあるかわからぬ以上、1年更新の職はかえって都合がようござった。ところがどっこい*5、この職場でそれがし、すんごい痛い目を見たのでござる。仔細は省くが職場で色々あり、ジャスト1年で退職し申した。
このあとの職探しがま~~~マジで捗らず、前の国にて登録してござった派遣会社*6からは「そちらには対応してござらん」と言われ、転職エージェントからはほぼ連絡がなく、ごくたまに「それがしのプロフィール、見てくれた…?」と聞きたくなるような求人*7をぽつぽつ紹介されるに留まり申した。ただでさえ求人の少なきこの国、前職がたまたまラッキーですんなり決まっただけにござって*8、それがしのこの、タイトロープをぎりぎり渡るどころか、ちょくちょく足を踏み外しながら生きてきたような人生であれば、紹介できる求人がなくとも当然であろう。それがしもそう思う。
自分で求人を探すにしても、前回の意気込みは何処へやら、それがしは何かと理由をつけて新しいことに挑戦しないクソザコに成り下がり申した。年齢が、地方が、景気が*9、御屋形様の国替えが、と、理屈と膏薬は何処にでもつくと申すがまさにその通りでござった。



それがしは前の国にて、転職から逃げ申した。前の国は手に職を付けられる業種の多き地方にて、もう少し頑張っていれば、なんなら職業訓練校に通っていれば、太き道のど真ん中を歩ける職だって選べたであろう。スケベ心と甘えでタイトロープを踏み外す人生を選んだのはそれがし自身にて、もはや何の言い訳もござらん。そのような中、このたび有難きことに次の職の内定を得たのでござる。が、これがまた今までの職を踏襲する仕事にござる………。
この先、御屋形様の国替え先が今よりさらに状況の厳しき国になる可能性もござるが、それがしはもう覚悟を決めたでござる。それがしの場合は今後の人生*10が御屋形様しだいという側面もあるゆえ、もう諦め半分スケベ心半分で、このまま「ワンチャン同業の仕事が非正規でいいからあるといいな、なければフリーランス在宅の下請け仕事*11でほんの少しでも稼いで繋がっていよう」という方針にて生きて参る所存にござる。それがしは多分もう正規の職に就くことはなかろうし、今後転職を重ねる中で、給料や待遇も下がっていくであろう。それは、それがしが転職から逃げたツケであると受け止めてござる。
元増田殿におかれては状況も全然違うし、斯様な無職に言えたことなど何もござらぬ。ただタイトルを見て自分語りをしたくなっただけにござった*12
ニセお侍文体、書くの大変だし読みづらいしでなんもいいことなかったし疲れたでござる。「素浪人ファーストアウト」は名曲。

*1:

*2:転勤

*3:1回辞めてるので厳密には再就職活動

*4:実際にやることはクッソ地味なんだが

*5:疲れてきた

*6:いちおう全国規模のはずだが

*7:免許持ってないと書いてあるのに免許必須とか。1回目はともかく、理由伝えて断ったのに同じことがあったので「ハハーン、さては見てないな?」となった

*8:その結果はともかく

*9:ただ、この地方の景気がヤベーってのは実際にある。全国ニュースから地域のニュースに移ると落差にクラクラする

*10:どこに住むかとか、いつ引っ越すかとか、最終的にどこに落ち着くかとか

*11:フリーランスと言うのもおこがましいので直した

*12:最初は増田に書こうかと思ったけどあまりに自分語りなので自ブログにした

無職日記~にゃーん篇~

f:id:tamilele:20200116195629p:plain

b.hatena.ne.jp
御多分に漏れず私も「にゃーん」と言う方です。


ところで今はもう帰宅していて、面接の場で言い間違いをしていたことに気が付いてしまい*1最大ボリュームで「にゃーん!!!」と叫びましたところ、猫が「なんだこいつ」という顔で見てきてとても可愛い。

*1:どうせなら結果がわかるまで気付かずにいたかった……

無職日記~燃えよインフル篇~

明けましたね。本当ですか?正直そんなに明けた気がしていない。何故なら年末からインフルに罹っていたから。
日ごろあれだけボンヤリ過ごしていて、よりによって久しぶりに遠出の予定があった直前にインフル。もっと何もない時期に罹ればいいのに、大晦日から元旦にかけてインフル。たとえ無職でもニューイヤー、年の始めのTAMESHITOTE、ちょっぴりハメを外して暴飲☆暴食しちゃっても許されるような気がするそんな時期に、インフル。狙い撃ちでインフル。外出自粛期間がようよう終わったら世間は仕事始めですよ。もう浮かれていられないじゃないですか。むしろ世間様に申し訳なくて出歩けないですよ。積極的に自粛しますよ。治ってるのに。
まだ咳が若干出るけれど他は楽になったので「つらかった~~~」という記録を残しておこうと思います。つらかった~~~。

2019/12/29~30:感染?

この期間に用事があって某巨大駅に出かけたり、それとは別に道の駅や温泉に行ったりしたので、貰ったとしたらここのどこか。
手洗い・うがいには気を付けていたつもりだったが、今思えばすでに12/30の時点で喉が若干痛くなり始めていた。

2019/12/31:熱が出る

前日から喉がやや痛かったのでマスクをして寝たがまったく効果がなく、起床直後からものすごく喉が痛い。
午前中はなんやかや家事をやって、昼頃に熱を測ると37度台前半だったので風邪薬を飲んで一旦寝る。
夕方、再度熱を測ると38度台に。体感として喉は痛いが寒気や節々の痛みはあまりなく、食欲もあって割と元気な感じ。
ただここから夜にかけてふらふら熱が上がり始めて39度に到達したので流石にしんどくなり、解熱剤を投入*1
年越し蕎麦を食べるつもりで用意していたが中止。お粥を炊く。

2020/1/1:再度熱が出る→インフル確定

まだ喉は痛いが熱のつらさは治まっていた。たしか朝の時点で37度をちょっと超えたぐらい。
年越し蕎麦のリベンジというわけではないが、ちょっとは正月っぽいことをしたいぞと思い、雑煮やら、本当は前日夜に作ろうと思っていた紅白なますやら煮しめやらを作る。今思えば完全に飯テロ(誤用)である。ところが調理中に少しずつ体調が悪化し始め、熱を測るとまた38度台まで上がっている。この時点でかなり嫌な予感はしていた。
1/2~4で義実家への帰省の予定があり、大晦日の段階ではまだただの風邪とも思ったため原則行く方向で考えていたし、一晩寝れば快方に向かうだろうとも思っていた*2。ところが風邪薬があまり効いていない、解熱剤も切れるとまた熱が上がってくる、人の多いところに行った、とインフルの心当たりがありすぎた。
それでも夕方ぐらいまで淡い期待を持って静養していたが、再度39度台に上がったのでギブアップ。元旦にやっている当番医まで連れて行ってもらう。病院はかなり混んでいて、確か天皇杯決勝の後半10分ぐらいに待合室に入って、神戸が勝つところを見届けたあたりでやっと呼ばれた。症状を伝えると風邪かインフルかのどちらかだろうから検査をしましょうとの由。鼻の奥に綿棒を突っ込まれて、5分で結果が出ますのでそのままお待ちくださいね~と消えた看護師さんがほぼノータイムで戻ってくる。そしてインフルエンザA型が無事確定です本当にありがとうございました。おそらくこの時期同様の患者さんが多いのだろう、先生は慣れた感じで「そしたらインフルエンザの治療薬を処方するのでこのビルの1階の薬局ですぐ飲んでいってください、それで治療は終わりですからね、その後5日間自宅から出ないで療養してください、この検査キットがそのまま診断書代わりになるので会社に出してください」と流れるように説明される。タイトル通り無職なので出す会社がないわけだが、ちょっと検査結果が手元に欲しかったので「ハイ」とだけ言って受け取った。
f:id:tamilele:20200107125141p:plain
会計後に指示通り同じビルの調剤薬局へ。「おくすり手帳はお持ちですか?」との問いに「スマホのアプリがあります」と答えようとして、スの段階で激しく咳込んで答えられないというイベントが発生*3。それはさておき吸入タイプの抗インフルエンザ薬*4調剤薬局のカウンターで処方☆即☆吸入をキメる。2本続けて吸うのはきつかったけど薬剤師さんに励まされながらこなす。人の優しさを感じた。解熱剤ほかの薬も処方されて帰宅。
f:id:tamilele:20200107123117p:plain
夫氏は義実家に連絡したり、飛行機のキャンセルをしたり。申し訳ない申し訳ないと言いながらダウン*5。症状としては喉が痛い・痰のからんだ咳が出る・鼻水が出る・節々(特に背中とひじ・ひざ)が痛いというところで、この辺から頭痛も加わってつらかった。寝ても数時間おきに喉の痛みや咳で起きていた。
そういえばここで初夢を見たわけだが、うっすら覚えているのは「勤務経験のある業種に再就職したものの予想と違う仕事内容で何もできず、高校時代の友人たち*6がバリバリ働きながらこちらの面倒を見てくれるのに申し訳ないやら、経験者でございというテイで入社したのにものすごく恥ずかしいやらで身を縮める」という、今の立場へのコンプレックスがむき出しになっただけの非常に嫌な夢であった。

2020/1/2~:療養

2日朝の時点で熱は36度台まで下がり、あとは諸症状がいろいろ残っている、特に頭痛と咳が地味につらいという感じになっていた。ひたすら寝て、食事を摂って、薬を飲んでまた寝るの繰り返し。4日にはだいたいの症状が治まり動けるようになったので、溜まった洗濯物を片付けたり掃除機をかけたり。この頃になって帰省がキャンセルになったことが無性に悲しくなってくる。サイゼリヤ行って話題の羊串食べたかった*7
f:id:tamilele:20200107132535p:plain
そして現在に至る。


なんつうかマイナス100ぐらいをやっとマイナス1桁台に戻すような正月であった。前半はただただ体調がつらくて治れ~治れ~と祈るばかりだったが、体が楽になった終盤は精神的にもう悲しくて悲しくて落ち込みまくっていた。そんな中で救いになったのが久々に復活した「コサキンDEワァオ!」。
www.tbsradio.jp
高校生ぐらいが一番熱心にラジオを聴いていて、伊集院→爆問→コサキン→局を変えてナイナイと、月曜から木曜まで夜更かししていたものだった。今回の放送も開始1分から変わらぬ雰囲気で、最後まで「ばっかで~」「意味ね~」と楽しく聴きました*8。毎週レギュラーは厳しくても月イチぐらいでやってほしいものです。生さだぐらいのペースで聴けたら幸せだなー。
ところで昨晩書きかけの下書きをウッカリ公開してしまった。即非公開に戻したがあの一瞬に見かけた人は忘れてください。

*1:常備してあったロキソニン。その後某氏よりインフルエンザ罹患中のロキソニン服用はインフルエンザ脳症を引き起こす恐れがあるためNGと指摘される( https://epark.jp/epark-report/kusuri/influenza-antipyretic/)。無事でよかった

*2:私は基本的にとても頑丈で滅多に風邪をひかず、ひいた場合も風邪薬を栄養ドリンクで飲んで一晩寝ればケロッと治ることが多い

*3:「スっグェッホエッホ スマッゲッホウェッホゲッホ スミマセン ゲッホ エッホ …あの スマホアプリで…ハー ハー…」

*4:イナビル

*5:もはや一人でもやることは変わらないから夫氏は帰省すればよいと伝えたのだが、色々あって夫氏もキャンセルすることになった

*6:おそらく年賀状で名前を見たため

*7:当県には店舗がありません

*8:タイムシフトも使って2回聴いた。サンキューradiko

無職日記2

f:id:tamilele:20191213020024p:plain
f:id:tamilele:20191213020029p:plain
帰宅直後はもう失意も失意でマジで無職がやる気出して出掛けるとロクなことがねえなと泣きそうになっていたが、こうして記事に起こすと大したことなくて笑う。これを書くことで自転車カバー(約2000円)のKuyoはできたんじゃないかと思う。代わりの自転車カバーは帰り道の100円ショップで購入した。多分もう乗らん。

労・終

次も決まっていないのに思い切って退職してからもうすぐひと月が経つ。退職直前の時分に「よ〜しパパも辞めたらテック系のすなる退職エントリといふものをしてみむとてするなりしちゃうぞ〜」などと謎テンションで考えていたが、いざ辞めてみると糸が切れたみたいになって驚くほど書く気分にならず、じゃあ書かなきゃいいんだけど心の整理というか一区切りをつけたい気持ちもあり、思いつくままに書き殴ってみることにする*1

 

 * * *

 

退職後もしばらくは「まだ何かあるのではないか」とビクビクしていたが、お盆休みも挟んでようやく人間性や健全さを取り戻しつつある。ここ数か月、ちょっとぐらい何かあっても大丈夫、オッケーオッケーという、普通の状態なら当たり前に心に備わっている弾力性みたいなものが失われていた。瑣末なことでもこの世の終わりみたいな気分になっていたし、しょっちゅう死にたいとも死ねとも考えていた*2。毎日お腹がピーゴロロ*3になり、あれだけ大好きなビールも飲む気がせずあっちゅう間に4kg痩せた。ちなみに辞めてからは無職ビールをたいへん美味しく飲ませていただいておりまして、これまたあっちゅう間に2kg戻った。

 

 * * *

 

以前にどこかで「無職をやるにも才能が要る」というような文章を目にしたことがあった。だいたいの人はヒマを持て余してしまうから、無職を長く続けられないというような話だったと記憶している。そのときは有職だったのでほーんと読んだだけだったが、いざ無職になってみると「なるほどなるほど〜〜!!ああ、なるほど〜〜!!*4」と痛感している。すなわち、自分には無職の才能がないのである。ヒマ。圧倒的にヒマ。積極的に動いていたのはお盆休みぐらいまでで、その後はだらだらスマホをいじっているだけで1日が過ぎていってビビる。辞めたらやろうと考えていたことの2割ぐらいしか達成していない。積ん読や積ん録の処理も進まない。ウケる。多分だけど、次の働き口が決まっていつからスタートと分かれば焦ってやり出すんだと思う。ウケる。

 

 * * *

 

夫の転勤についてくる形で知らない土地に来て最初の職場で、言い方は悪いがまあババを引いてしまって、相談や愚痴を言う相手も見つけられないうちに*5限界を迎えた感じなので、運がなかったヨネ*6で割り切るしかない。しかないのだが、正直この街やこの街の人に対する恐怖心がぬぐえていない。たった1つのコミュニティを街全体の話に広げるのもいかがなものかとは思うが、これで次もあかん感じだったらマジで夫を置いて実家に帰るかもしれない。さらに言えば前職はトントン拍子で決まったもので、深く考えずに勤め始めたことへの後悔もあって*7、次は慎重に、少しじっくり探そう…と思っている*8。別に仕事が全てではないけれど、子どももおらず地元のサークル等に参加する趣味もなければ、必然的に仕事で触れ合うコミュニティの重みが増すから…。そういう意味ではこの前に住んでいた土地で最初に勤めた職場が本当に良くて、離れた今でも割と街に愛着があるので、今回もそうなるといいなと思っていたんだがな、まあそう上手くも行かんわな。はっはっは。死にたい。

 

 * * *

 

いつかこの土地を離れることになった時に、最初はマジくそだったけどなんだかんだ良いところだったよね〜と思えるとね、いいですよね…。

*1:タイトルはれのみ氏のツイッター(@onorenomi)から拝借。れのみ氏の4コマはダメ人間に刺さるので読まれたい、kindle版もある

*2:このあたりに具体的なエピソードを書こうとしたがお腹がキュッとなって、書いては消し書いては消しして最終的に全消しした[お察しください]

*3: ピップ ワンダーペット CM - YouTube

*4:このコピペが好きでついつい使ってしまうが下ネタだな

*5:ここは自分の人見知りもあかんのだが

*6:森田童子

*7:とはいえ考えたところで回避できた話でもなかった

*8:思っているんですけど、そう思った矢先に人づてに「ウチで働く?」的な話が降ってわいて情緒が追いついてない