読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歪んだ空間で見た女学生を成人女性が描いたとか描かなかったとか

現在の愛知県と18年前の千葉県の時空間が接続したところに浮かんでいたJC

f:id:tamilele:20151023195129j:plain


私です。
部活の嫌いな先輩がらみの身体労働を課せられることがイヤでイヤで、「怪我をすればやらなくて済むのでは?」と思い付いて、帰宅途中に車止めに脚をぶつけまくりましたが、青あざすらできませんでした。
このほか、確か冷え込みつつある季節でしたので、外で半袖一枚で過ごして風邪をひこうともしましたがそれも叶いませんでした。


続いて、現在の愛知県と15年前の千葉県の時空間が接続したところに出現したJK


f:id:tamilele:20151023195257j:plain


こちらも私です。イキっていた頃の私です。思い出すだけで死にたくなります。
これぐらいの時までは(クマはあれど)ニキビひとつないツルッツルのお肌をしており、今思うと素直にそれを生かす道もあったのでは*1、そうすればもう少し違った人生を歩めたのではないかとも思うのですが、当時はピーキーな方面にフルスロットル大爆走しておりました。もったいないことです。
こっち系の趣味が落ち着くのは大学に入ってからでしたが、その頃になって遅れてきたニキビがわんさか出来やがりました。チャンスの神様の前髪をつかみそこねたのだと思います。
ちなみに「周りが別マ(別冊マーガレット)読んでる中で…」とか書いてますが私も読んでました。「まっすぐにいこう。」とか好きでした。


幸いなことにこれまでの人生で一度も痴漢に遭ったことがなく、高校までチャリ通だったからかな?と思っていましたが、おそらく別の理由があるな、と今回イラストにしてみて気がつきました。通学の方法でも顔の悪さでもない、別の理由が。私が痴漢でも近寄りたくねぇわ。

なおこちらのイラストは、本人の許可を取って作成・公開しております。

*1:過去何度か当ブログに書いてますが、顔立ちは遺憾ながらブスであります。それでも肌がきれいで普通に女子高生やっていれば、顔の善し悪しを置いてももう少し需要を拾えたのでは…という感はある