ライブ行った

「レキシ対オシャレキシ〜お洒落になっちゃう冬の乱〜」@Zepp Nagoyaです。前回がすげえ楽しかったんでチケット取ったんだけど、今回はダメだった。演者の問題ではなく、自分の心持ちが。乗れんかった。
ライブにはすっげえ楽しいー!ヒュー!って時と、あ…これいかん…乗れん…という時とがあって、後者の状態に陥るといつも思い出すマンガがある。『臨死!!江古田ちゃん』の一篇だ。ライブに行った主人公・江古田ちゃんは、視界を遮るおだんごヘアの女子に苛立ち、みんなで手を振る動きを止めるタイミングに悩み、「こういう細かいことを気にするからライブを楽しめない」と独りごちる。
いつでも演者は全力投球のはずで*1、それでも楽しめないのは自分の気持ちがあらぬ方向に行ってしまっている現れなのだろう。で、今日の理由はすごくハッキリしていて、周囲にいた人の楽しみ方が自分とは違ったのがすげえキツかった。その人たちが楽しめば楽しむほど自分の心が冷えちゃって、ああ自分は本当に心が狭いな、と悲しみさえ込み上げてくる次第でした。眼前では池ちゃんが歌っているのに。上原ひろみさんが弾いているのに。勿体無い、と焦るほど頭は醒めてしまう。
自分がなんでライブに行くかというと、「生演奏やMCを聞いたり、演者の姿を見ることで、CDとは違うその場の雰囲気を楽しめる」ということに価値を見出してるからなんだと思う。そのせいか観客参加型というか、みんな歌って!とか、この曲ではこういう振りを、とか、積極的に楽しみにいくのは苦手だ*2。躊躇いなくそうできる人は楽しそうだし、かといってじっと微動だにせず聞き入るのも楽しみ方の一つだろうし、どれがいいとか悪いとかでもない、ような気がする。
つまるところ、他の客の振る舞いなんて気にしない、自分が楽しければそれでいいじゃーん、とこう考えるのが最適解なのだろう。わかってる、それはわかってるんだ。こうして楽しめなかったライブの後は、自分の器の小ささにいつも悶々とすることになる*3

ちっとはライブの中身の話もしよう。
  • お馴染みの楽曲のオシャレキシver.はくっそかっこよかった。こういう時に適切に表せる音楽知識がないのがもどかしいが、ファンキー?ジャジー?な感じでとても良かった*4。『姫君Shake』のホーンがパッパヤーしてるのとか、『きらきら武士』のラテンっぽい??アレンジとか、ホントすげえ素敵だった。
  • それだけに、小芝居は無くてもよかったなぁ*5。個人的には曲をもっとちゃんと聞きたかった。
  • 1曲目から『狩りから稲作へ』とは思わなんだ。アンコールでおかわりするとも思わなんだ。
  • クリスマスソングもそちこちに。
  • 豆知識: クリスマスはライブ会場でもカップルが多い*6。レキシであってもだ。腰を抱くな。耳を触るな。
というわけで、ライブそのものはとても良く、個人の内面の問題で楽しめなかったよこんちくしょう、という反省でありました。池ちゃんは日本一かっこいいアフロ。池ちゃんは「クラシアン」を日本一かっこよくシャウトできる歌手。

おまけ1

オシャレキシの家紋(?)がかわいかった。
f:id:tamilele:20141226001553j:plain


おまけ2

ライブ会場で池ちゃんの扮装(アフロヅラ+グラサン)のカップルを見かけた。
f:id:tamilele:20141226001610j:plain
腰を抱くな。

*1:今日も演奏は素晴らしかった。上原ひろみさんa.k.aオシャレキシ、初めて生で見たけどすっげえな。超かっこいい

*2:レキシでも『狩りから稲作へ』のキャッツんところなんかは結構いたたまれない。というか今日のお客さんにデコ稲穂を持参している人がいたよ。すげえな、もうアイドルコンサートの世界だ

*3:もちろん他人の眼も気になるリトル器っぷりである

*4:見よこの頭のわるそうな表現

*5:レキシ陣営にオシャレキシが殴り込み、仲間(遣唐使)の寝返り、首領同士が心を通わせ、やがて和睦というストーリー立てだったっぽい

*6:私は1人参加です

広告を非表示にする